EC構築パッケージ

EC HACK

たった1ヶ月で
あなたの商品が顧客に届く
無料相談

サポート内容

ECサイトが最短3週間

通常100万円以上かかるShopifyによるECサイト構築が198,000円から構築可能。 さらに、3ヶ月以上かかる構築期間が最短3週間に。

商品撮影も一貫して対応

専属のカメラマンによる商品撮影により、サイトデザインとマッチした統一感のあるハイクオリティなECサイトの制作が可能。

専属担当によるサポート

専属のプロフェッショナルチームによるサポートで保守・運用まで全てお任せ。さらに独自の教育カリキュラムでEC運用の内製化も可能。

3週間で納品できる秘密

1分で解説。

納品までの6Step

STEP 1

1:ヒアリング

  • ECストア構築に関する内容のヒアリング
  • ご要望やビジネス目標の把握
  • 必要な機能やデザインの要件決め
  • プロジェクトのスケジュール確認
STEP 2

2:ECサイト構築

  • デザインの作成と確認
  • 要件機能の実装
  • 商品情報やコンテンツの入力
  • 支払いゲートウェイや配送設定の構築
  • テスト環境での動作確認
STEP 3

3:商品サンプル発送

  • 商品のサンプルを発送していただく
  • 撮影に必要な商品の選定と準備
STEP 4

4:掲載商品撮影

  • 商品物撮りの専門チームによる撮影
  • 撮影した画像の編集と調整
  • 商品ページへの掲載用画像の準備
STEP 5

5:ECサイト納品

  • 最終チェック
  • ストアの公開準備
  • 運用体制のご提案
  • ストアの公開
STEP 6

6:運用開始

  • 専属EC担当による改修サポート
  • クライアントからの問い合わせ対応
  • 定期的なサイトのメンテナンスと更新
  • アナリティクスを用いたパフォーマンスの監視と改善提案

制作範囲

制作ページ例

この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。

この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。この文章はダミーです。テキストの大きさ、行間を確認するために入力しています。

Add a short description for this tabbed section

Add a short description for this tabbed section

Add a short description for this tabbed section

よくある質問

よくあるご質問はこちらよりご確認ください。

追加費用がかかるとしたらどのような場合ですか?

以下のような場合、追加費用が発生いたします。

  • 商品の物撮りが多い場合(60商品以上)
  • 決済機能、顧客管理以外の機能追加が必要な場合
    (例:商品お気に入り機能、特定の商品に基づく条件分岐処理など)
  • ページの追加が必要な場合
    (例:キャンペーンページなど)
撮影はどの程度まで対応してくれますか?

1商品につき、3カット、60商品まで対応いたします。

それ以上になる場合は、追加費用が発生しますので、別途お見積もりとさせていただきます。

制作後はどのようなサポートをしてもらえますか?

以下のサポートを実施いたします。

  • 商品追加の際の撮影
  • ページの追加
  • バナー作成
  • レイアウト修正
  • 機能追加         など
商品の発送方法などなどもサポートしてもらえますか?

お客様から購入があった場合に、どのようにフルフィルメント(梱包 / 発送)処理をし、発送通知を送るかなどの

Shopifyの使い方までサポートいたします。

Shopifyを契約する際に必要なものはなんですか?

お支払いや売上のご入金に下記が必要となります。

  • 各種クレジットカード (VISA・Master・AMEX・JCB系のカードがご利用可能)、PayPal
  • 振込口座(普通口座のみ対応)
  • 個人情報の確認が可能なストアオーナーの写真付き身分証明書
年齢制限があるものの販売は申請などが必要ですか?

例えばインターネット上で酒類を販売するには、酒税法により販売許可が必要です。

取得した免許は販売するサイトの特定商取引法に基づく表記に記載する必要があります。

申請は酒類の販売場(ネットショップの場合だと受発注を行う事務所)の所在地を管轄する税務署に届出を行います。

届出を行う際には販売するサイトの確認に要件を満たす記載がされているかが判断されます。

さらに、サイト譲歩記載には年齢確認プログラムや販売価格より大きいサイズで一定の文言を記載するなど条件がございます。

概要と取得方法、留意点については国税庁HPから確認をすることができます。
なお、通信販売酒類小売業免許の要件と申請手続については、「通信販売酒類小売業免許申請の手引」をご覧ください。